視力検査のプログラム

 視力検査は患者の視覚の見え方を検証する検査方法である。眼のほとんどすべての疾患や異常は視力障害という形で現れるので,視力を検査することで視覚の情報の第1の手がかりが得られる。

 視力検査には様々な種類が存在する。例えば@遠見視力と近見視力,A裸眼視力と矯正視力,B自覚的視力と他覚的視力,C片眼視力と両眼開放視力,D字づまり視力と字ひとつ視力などがあり,症状や年齢,疑える異常の種類によって視力検査のプログラムを考えなけれならない。一般的な視力検査は,裸眼・遠見・眼・字づまり・自覚的視力検査などである。この一般的な検査で視力障害の基本的な情報は得られる。しかしこれだけでは不十分で,患者の視力のあらゆる情報を得ることはできない。

(1)裸眼視力と矯正視力

 裸眼視力が低下していても,眼鏡かコンタクトレンズで1.0以上の視力があるのならば,それは屈折または調節異常だけを考えればよい。視力がこれを下回る数値を示していれば,眼に視力障害となる原因疾患をもっている可能性が大きく,眼科を受診し様々な検査を受ける必要性がある。

(2)遠見視力と近見視力

 遠方の裸眼視力が低下していても,近方の裸眼視力が良い場合は近視系屈折異常が予想され,逆に遠方の裸眼視力より近方の裸眼視力が低下していれば,強い遠視系屈折異常,調節障害,老視などの症状が考えられる。また子供の場合は屈折異常がなくとも視力発達からみて,一般的には遠方視力より近方視力が良いものである。

(3)片眼視力と両眼開放視力

 通常の視力検査は片眼を覆い片目ずつ行うが,子供の斜視や弱視では,両眼を開放しての片眼ずつの視力検査の視力値が,片眼視力値より低下していることが多い。また眼振のある場合,両眼を開放しての両眼視力に比して,片眼を遮閉しての視力が強く低下するもので,とくに潜伏眼振では,両眼で1.2あり,片眼遮閉で0.1〜0.3ということもある。逆に外斜位では,両眼視力の方が片眼視力より悪いこともある。これは斜位近視のためである。

(4)字づまり視力と字ひとつ視力

 成人では,従来の1枚の視力表に多くの視標が並んでいる宇づまり視力表で検査しても問題はないが,子供で8歳以下,とくに6歳以下ではつまった視標では読みにくく,読み分けが難しい為,視標を1つずつ示す視力表で検査しなければ正確ではない。また子供の視力の読み分けの発達を知るため,字ひとつ視力表での値と字づまり視力表での値を比べる事がある。一般に小児では,字づまり視力値より字ひとつ視力値の方が高い視力値を示すものであり,読み分けが良くなれば両者の値の差がなくなる。

(5)自覚的視力と他覚的視力

 今までの視力検査は,すべて患者自身の受け答えによる検査で自覚的視力検査である。これに対し正確に応答しない場合や3歳未満の小児には,他覚的視力検査が必要となる。

関連サイト

メガネ(めがね・眼鏡)通販
Oh My Glasses(オーマイグラスィズ)

Oh My Glassesは運命の1本に出会える、日本最大級のメガネ通販。Oh My Glassesは送料無料・返品無料のため、気に入ったメガネを複数本注文し、自宅で試し掛けの上、購買することが可能です。鯖江のMade in Japanのメガネフレーム、サングラスを中心に販売しております。

オークリーサングラス
Oh My Glasses(オーマイグラスィズ)

スポーツサングラスといえばオークリーといわれるほど、高い機能性とデザイン性で注目を集めるブランドです。日本ではイチロー、宮里藍などが愛用していることで知られます。Oh My Glassesでオークリーのサングラスを返品無料で見つけることができます。